安心して修理を任せるには?スマホ修理で非正規店を選ぶ時のポイント

実店舗の存在することを確認しておく

壊れたスマホの修理を請け負う業者は、大きく正規店と非正規店の2種類に分類されます。中でも非正規店はデータを初期化せずに手元に戻せるなどのメリットで人気ですが、利用する場合に気を付けなくてはいけないのが実店舗の存在です。需要の増加に伴って、出張での修理やイベント会場で対応してくれる非正規店も増えています。身近な場所で気軽に修理を任せられるのは大きな魅力ですが、この手の業者は実店舗を持たずに営業しているケースも少なくありません。実店舗が存在しないと修理後に不具合が起こった時に対処をしてもらえなくなります。依頼をする時は実店舗があるかを確認することが大切です。

法律を遵守しているかどうか

スマホの修理は知識と技術さえ持っていれば誰でも行うことはできます。しかし、金銭を取るなど商売として修理を請け負うには、事前に国からの認可を受けなくてはいけません。しかし、修理を利用する人が増えたことで、認可を受けずに違法に営業をする業者も増加傾向にあります。当然こうした違法な営業は罰則の対象となりますが、場合によっては利用者も同罪となってしまうこともあるので注意が必要です。総務省からの正式な認可を受けていることを確認した上で依頼をしなくてはいけません。

修理に必要な技術力と知識

修理業者と言っても必ずしも対応する全ての人が同じ技術を持っているとは限りません。いくら国から正式な認可を受けていても、肝心の修理の技術がなければ安心して任せることができなくなります。修理から戻ってきたら別の場所に不具合が出始めるなどのトラブルを避けるためにも、口コミでの評価が高い実績のあるお店を選ぶのが基本です。

スマホ修理の藤沢の店の中には、「総務省登録修理業者」の登録をしているお店もあります。サービスや金額などについても信頼できるお店の目安になりますので、お勧めのお店です。