マーケティングオートメーションって必要?メリットとデメリット

マーケティング業務の生産性が向上する

マーケティングオートメーションを導入することで得られるメリットの1つが、自動化による生産性の向上です。マーケティングオートメーションを導入することでステップメールが自動的に送信されるようになり、手動送信のための人材雇用が必要なくなります。ただの自動化ではなく過去の行動を分析した上で、今の行動に適したステップメールを送信できるようになるのも魅力的なポイントです。今の行動に適したステップメールを送ることができれば、マーケティングの効果が向上する可能性が高いでしょう。マーケティングオートメーションを利用すれば指示した行動を機械的に行ってくれるため、手動で行動した場合に起きるヒューマンエラーがなくなるのもメリットの1つだと言えます。

自動化できないものもある

マーケティングオートメーションには自動化できる範囲と自動化できない範囲があります。同じことを繰り返すような機械的な動作は得意ですが、細かい変化をつけることは得意としていません。そのため顧客に応じた文面内容の変更のような細かい作業は人による手作業が求められます。またマーケティングオートメーションの利用には、ある程度の知識が必要となります。便利だと聞いたからという理由でマーケティングオートメーションを導入してしまうと、使いこなせなくて困るというデメリットが生じてしまうこともあります。このようなミスを避けるためにマーケティングオートメーションを導入する前に知識を深めておくのが重要だと言えます。マーケティングオートメーションの効果は営業部との連携で向上するため、営業部が協力的でなければ効果が半減することもあるので注意が必要です。

マーケティングオートメーションは、見込み客獲得のためのマーケティング活動の各種の作業を自動化及び効率化することです。以前のやり方では売り上げ増が困難な現在、企業には必須の手法となっています。